<ロッテ−ソフトバンク>◇10日◇ZOZOマリン

 ロッテ角中勝也外野手(30)が2点適時打を放った。

 0−3の3回2死一、三塁で、ソフトバンク東浜の内角145キロを引っ張り、右翼線を破る三塁打で2点を返した。

 1点差に追い上げたが、直後の4回、唐川が3点を失い、再びリードを広げられた。角中は「とりあえずランナー1人はかえしたいと思っていました。その中で2人かえせたのは良かった。もう1回、早めに点差を縮めていきたい」と話した。