<中日−広島>◇10日◇ナゴヤドーム

 総力戦の中、中日が奇手を使った。同点の6回の攻撃。1死から、すでに2イニングを投げていた3番手伊藤がそのまま打席へ。続投するかと思われたが、7回のマウンドには又吉が上がった。

 先発八木に2回に代打を送るなど、序盤から控え野手を投入。この日から捕手を2人に減らしていたこともあり、延長戦をにらんで野手を温存するための措置とみられる。