<中日6−5広島>◇10日◇ナゴヤドーム

 中日が4点差をはね返し、最後はサヨナラで総力戦を締めた。引き分けをはさむ3連勝で2カード連続の勝ち越しも決めた。

 先発八木が崩れ、2回表で1−5。だが打線が奮起して3回までに1点差に詰め寄り、5回で同点に。守っては3回からの継投で祖父江、伊藤、又吉が2イニングずつを無失点に抑えた。9回無死一、二塁もピンチも田島がしのぎ、その裏の攻撃で決着させた。

 9回は代打谷の二塁打、京田の犠打で1死三塁。大島が今村から中前にはじき返した。大島は「チャンスで回ってきたら自分で決めるつもりで準備していた。打った瞬間、抜けたと思った」とお立ち台で息をはずませた。森監督は「期待していなかったけど、きれいに打ってくれた」とヒーローをたたえた。