<広島2−9巨人>◇11日◇マツダスタジアム

 広島先発の福井優也投手(29)が5回途中9安打6失点で降板した。

 4回まで4安打無失点も、味方が2点を先制した後の5回に突然、崩れた。

 先頭の小林に際どいコースをボールと判定されて四球を出すと、2死からマギーに左前打。坂本勇に四球を与えて2死満塁とされ、阿部に3点適時二塁打を浴びた。

 さらに村田にも右前適時打、長野に投手内野安打を許し、亀井に左中間を破られる2点適時打を浴びてマウンドを去った。

 チームは先発陣が手薄で、救世主として期待が掛かったが結果は残せず。降板後はベンチにグラブをたたきつけて、悔しさをあらわにした。