<広瀬叔功氏評論>

 同じことを繰り返す広島福井の姿には閉口するばかり。点を取った後の回、先頭打者に四球。判定に不満げな態度。弱気になっての四球…。4回まで目を見張るようなボールを投げていたが、急変ぶりにがっかりした。ベンチにグラブをたたきつける気持ちを、マウンドで出さなければ。もう一皮、なんとかむけてほしい。

 私の目線からは前述した通りだが、ベンチの判断には疑問が残る。連勝中なら期待の続投はありだが、この日はそうではなかろう。逆転3点打を浴びる前、阿部の打席でスイッチするべきだった。先発が崩れることが多く、中継ぎ陣が疲労状態にあることは百も承知。だが負けが込み始めると、この続投の判断は悪循環に陥る。頭を下げてでも中継ぎ陣に踏ん張ってもらうべき試合だった。投手と野手の気持ちが離れないうちに、ムチを打つ試合も必要だ。(日刊スポーツ評論家)