<中日3−0ヤクルト>◇12日◇ナゴヤドーム

 ヤクルト小川泰弘投手(27)が完投負けを喫した。序盤からテンポよく低めに直球を集め、連打を許さない。4回に高めに浮いた球を中日大島にとらえられてソロを浴びるも、7回までは1失点のみ。

 100球を超えた8回に球が上ずり出してゲレーロに2ランを浴びたが、8回8安打3失点6奪三振と試合を作った。打線の援護が得られずに6敗目となった。

 7月に先発再転向してから最長のイニングを投げきり「ストレート中心で押すところは押せていた。体的には元気だった。次につながると思う。練習の方向性は良かった。次勝てるように頑張ります」と話した。