<ソフトバンク3−2日本ハム>◇13日◇ヤフオクドーム

 日本ハム上原健太投手(23)が、またもプロ初勝利を逃した。

 1回1死二塁で、松田に先制2ランを献上。なお2死でデスパイネにソロを浴び3失点した。「初回、試合が始まって『ここから』というところで打たれて、波に乗っていけなかった。すぐに苦しい投球になってしまいました」。2回以降は粘投。初回の失点のみの6回3失点で、リードを許したまま降板した。

 プロ4度目の先発マウンドも、またも白星には届かなかった。「逃げずに、とことん真っすぐでカウントをつくる投球に切り替えてからは、まとまってきたと思います。そういう投球が最初からできるようにしないといけない。次への課題にしたいと思います」と糧にしていた。