<中日7−2ヤクルト>◇13日◇ナゴヤドーム

 中日は2回終了後に森繁和監督(62)が試合を退き、森脇浩司内野守備走塁コーチ(57)が監督代行を務めるとした。責任審判の森三塁塁審が2回終了後に場内へアナウンスした。

 森監督が7日に乳がんで亡くなった長女麗華さん(享年35)の通夜に参列するため。チームを離れ、通夜が営まれる横浜市へと向かった。

 西山和夫球団代表は「ここは休んでもらおうと思っていた。森監督が『チームと一緒にいたい』という気持ちだった。ただ、通夜告別式は娘を見送ってあげたいということだったので。事前にヤクルトの真中監督にも承諾してもらった」と説明した。