<ロッテ3−6西武>◇13日◇ZOZOマリン

 西武が土壇場の逆転劇でカード勝ち越しを決めた。

 1点ビハインドの9回、先頭の浅村が三ゴロで一塁へヘッドスライディング。内野安打を奪うと、続く山川が中前打でつなぎ、栗山の犠飛で同点に追いついた。さらに1死一、二塁から炭谷が左前に勝ち越しの決勝打。その後も金子侑が適時二塁打を放つなど、この回一挙4点を挙げた。

 辻発彦監督(58)は「肩を痛めてる浅村が、必死に塁に出てくれて、山川の目つきも変わった。そういう気持ちが、勝ちにつながったんじゃないかな。みんな疲れている中で大きな意味がある1勝」と、主将浅村の気迫と、チームの粘りをたたえた。

 投手陣も踏ん張りをみせ、「(先発)ファイフは前回よりもよかった。(四球から3失点した)6回だけ。武隈も完璧だったし、シュリッターもうまく(8回の相手打線を)切ってくれたから流れがきたと思う」と評価した。