<プロ野球>◇17日◇東京ドームほか

【セ・リーグ】

◆巨人勝って単独3位に、ルーキー畠は6勝目

<巨人6−1DeNA>◇17日◇東京ドーム

 巨人は初回1死満塁から村田の中堅右への2点適時二塁打で先制。2回にもマギーの適時二塁打で追加点を奪った。

 巨人は5回に小林、畠の連続適時打と陽岱鋼の犠飛で3点を追加。先発畠は5回まで無安打投球を続けるなど好投を続けた。

 DeNAは9回、柴田の右前適時打で1点を返すのがやっと。巨人が勝ち、単独3位。ルーキー畠は6勝目を挙げた。DeNA浜口は6敗目。

※広島−ヤクルト、阪神−中日は台風接近のため中止。

【パ・リーグ】

◆西武栗山サヨナラ押し出し、ソフトBモイネロ2敗

<西武3−2ソフトバンク>◇17日◇メットライフドーム

 西武先発は多和田、ソフトバンクは千賀。西武は2回1死満塁、外崎が14球目の外角スライダーを右翼へ運び、犠飛で先制した。

 ソフトバンクは4、5回に先頭打者が安打で出塁も、後続が抑えられて無得点。千賀は6回141球、1失点で交代となった。

 ソフトバンクは8回、デスパイネが左前に逆転2点打。西武はその裏、山川が中堅へ18号同点ソロを放った。試合は延長に突入した。

 西武は延長10回、源田の左前打からチャンスを広げ、相手の満塁策で1死満塁とすると栗山が粘って四球を選びサヨナラ勝ちした。牧田は2勝目。ソフトバンク・モイネロは2敗目。

◆オリックス延長勝ち、平野3勝 日本ハム宮西5敗

<日本ハム2−4オリックス>◇17日◇札幌ドーム

 日本ハムは1回、オリックス松葉を攻め、松本の適時打などで2点先制。オリックスは3回大城の三塁打で好機を作り1点を返す。  松葉は2回以降立ち直り、6回までの5イニングを無安打に封じる。打線は5回、山崎勝が加藤から適時二塁打を放ち同点とする。  7回以降は両チーム継投策で9回は日本ハム増井、オリックス平野が登板。平野は大谷、中田を連続三振に仕留め延長に突入した。  オリックスは10回、ロメロが宮西から23号2ラン。連敗を2で止め借金を1桁の9に戻した。日本ハムは打線が4安打と振るわず。オリックス平野3勝目、日本ハム宮西5敗目。

※楽天−ロッテは台風接近のため中止。