<西武2−7日本ハム>◇17日◇東京ドーム

 日本ハム先発の上沢直之投手(24)が、3回1死一塁から、西武源田の頭部に死球を与え、危険球で退場になった。

 2ストライクから144キロの直球が直撃。球場中が騒然となり、源田はベンチ裏に下がったが、走者として再び登場した。

 上沢は56球で降板になり、2番手の玉井がマウンドに上がった。