<西武2−7日本ハム>◇17日◇東京ドーム

 西武源田壮亮内野手がプロ入り後、初の頭部死球を受けた。交代せず出場を続けた。

 3回1死一塁、日本ハム上沢に2ストライクと追い込まれた3球目が、頭部右前を直撃した。後ろに倒れ込んだが、すぐに自力で立ち上がりベンチ裏へ引き揚げた。脳振とうの症状が無いことを確認した後に一塁走者として戻り、ファンから拍手がわき上がった。「(ボールが)当たったなとは思ったけど、痛くはなかった。大丈夫です」と話した。