阪神は今後、矢野2軍監督への新監督就任要請に向かうが、交渉が難航した場合に備えて前2軍監督の掛布雅之オーナー付シニアエグゼクティブアドバイザー(63)、経験豊富な05年優勝監督の岡田彰布氏(60)らも候補に挙げる。

掛布氏と岡田氏の略歴は、以下の通り。

◆掛布雅之(かけふ・まさゆき)1955年(昭30)5月9日生まれ、千葉県出身。習志野から73年ドラフト6位で阪神入団。本塁打王3度、打点王1度、ベストナイン7度、ダイヤモンドグラブ賞(現ゴールデングラブ賞)6度。88年引退後は解説者を務め、13年オフに阪神GM付育成&打撃コーディネーター就任。16、17年阪神2軍監督。現役時代は175センチ、77キロ。右投げ左打ち。

◆岡田彰布(おかだ・あきのぶ)1957年(昭32)11月25日、大阪府生まれ。北陽−早大を経て79年ドラフト1位で阪神入団。80年新人王。85年ベストナイン、ダイヤモンドグラブ賞(現ゴールデングラブ賞)。94年オリックスへ移り、95年引退。98年阪神復帰し、2軍監督などを歴任。04年から1軍を率い、05年リーグV。10〜12年オリックス監督。現役時代は175センチ、77キロ。右投げ右打ち。