<パ・CSファイナルステージ:西武6−8ソフトバンク>◇第2戦◇10日◇メットライフドーム

ソフトバンク高谷裕亮捕手(37)が4回の守備で右顎下に裂傷を負い、途中交代した。

4回2死、西武メヒアの高く上がった邪飛を追い、西武ベンチ付近の鉄製の棚に首の右側からぶつかり出血。そのまま甲斐と交代した。CS5戦目で初めてスタメン出場だった。試合中に東京都立川市の病院に急行し、6針縫った。吉鶴バッテリーコーチは「パックリと裂けたが、傷は深くはなかった。明日(11日)はマスクを実際にかぶらせてみて判断する」と説明した。出場が困難な場合に備えて、栗原を合流させる。