<都市対抗野球:JFE東日本1−3三菱自動車倉敷オーシャンズ>◇22日◇1回戦◇東京ドーム

日本ハムのドラフト6位、JFE東日本・今川優馬外野手(23=東海大北海道)が、不完全燃焼で社会人野球の幕を閉じた。連覇を目指して臨んだ開幕戦で、三菱自動車倉敷オーシャンズに1−3で敗れ、初戦敗退。5番左翼でフル出場も4打数無安打、守備でも失点に絡むなど力を発揮できなかった。試合後は涙をこらえながら、悔しさをプロの舞台で晴らすことを誓った。

   ◇   ◇   ◇

こんな形でプロへ進みたくはなかった。社会人ラストゲームとなった今川は、込み上げる悔しさを何度も押し殺しながら言った。「お世話になった会社のみなさんに、なんとか勝って恩返ししたいなという強い思いを持って臨んだんですけど…本当に…僕の守備だったり…打撃で勝利に導くことができなかったので、すごく悔しいです」。言葉に詰まりながら、必死に率直な思いを吐露した。

攻守で悔いが残った。打撃は4打数無安打。最終打席は2点を追う8回2死一塁。「なんとしても長打で1点、2点取りたいなという思い」で快音を残したが、左直に倒れた。

初回、2回の守備では、自身が守る左翼を襲った打球が適時打となり、チームは3点を失った。いずれも対応は難しい打球に見えたが、「僕の守備のミスで3点入ってしまって、それで1本も打てなかった」と振り返った。

悔いを、上の舞台で晴らす。ファンクラブにも入会している日本ハムで、野球人生は続く。「この悔しさを絶対に忘れないで、次はチームを勝たせられる選手になりたいです」。即戦力として1年目から活躍することが、会社への恩返しにもなる。「お世話になったチームメートを始め、スタッフのみなさんにプロで活躍して『今川を出して良かった』と思ってもらえるように、これからもっともっと練習して精進していきたい」。社会人として最後に得た飛躍の糧を、無駄にはしない。