<阪神0−3巨人>◇8日◇甲子園

阪神秋山拓巳投手は粘りの投球を続けるも、6回6安打2失点で今季初黒星を喫した。「三振が多くていつもと違うピッチングだったので、しんどいところはありましたけど、とにかくもっとリズムを持ってこられるピッチングがしたかった」。

初回1死、2番坂本にバックスクリーン左横へ運ばれ、先制の1号ソロを被弾。そこからは直球で見逃し、変化球で空振り三振と毎回の10三振を奪った。打たせて取る本来の投球とは変わったが、巨人打線のバットには当てさせなかった。

悔やんだのは4回。連打を浴び、味方の失策もからんで1死二、三塁から、吉川尚を申告敬遠。1死満塁から、炭谷に直球を捉えられ2点目の中犠飛を許した。「申告敬遠して、あそこはゴロを打たせないと、というところだった」。それでも、矢野監督は「1点ずつなんでね。やむをえないというか、先発としての投球というのはしっかりしてくれた」と仕事を評価。次は投打がかみ合った試合で2勝目をつかみたい。