<阪神0−3巨人>◇8日◇甲子園

あぁ85年の再現ならず。阪神打線が巨人先発高橋らの前に沈黙し、散発3安打で今季2度目の完封負けを喫した。甲子園で始まる巨人戦3連勝発進なら日本一の85年以来だったが、甘くはなかった。4番大山は開幕から50打席アーチなしの自己ワーストで、期待のドラフト1位佐藤輝も不発でチームの連勝も4でストップ。

   ◇   ◇   ◇

◆阪神矢野燿大監督語録

−先発の秋山は粘った投球だった

矢野監督 しっかりした投球をしてくれたと思うし、1点ずつなんでね。先発としての投球っていうのはしっかりしてくれたなと思います。

−オープン戦でもやった相手高橋の前回対戦時との違いは

矢野監督 真っすぐがちょっと多かったかなっていう感じはするけど。横からみててそんなに、すごくいいとかにはみえないんだけど。

−8回の攻撃は仕掛けていった

矢野監督 なかなかね、左では簡単じゃない投手なんで。あそこは勝負にいきました。

−近本への代打

矢野監督 もちろんチカの状態もあるし、まあ9回までというのもあるしね、そういうとこ考えたら。陽川残しても使うとこもなかなかない展開になるかなというのもあるし、負けてる状況なんで、そういう所では勝負にいきました。

−終盤にあと1本

矢野監督 今日は打線やね。打線がまあそんなこれは難しいかというような投球をされているように感じなかったんで。そういう所では打線があまりにも走者も出ないし、安打も出なかったんで。勝負の分かれ目はそこしかないんじゃない?

−ここまで打線は良かったが

矢野監督 もっともっと上がってもらわんと困るし、ケントとかジェリーとか、特定の選手がいい状態で、上がってるけど、全体的にいいっていうわけじゃないんで。個々の調子っていうか、やっぱりそれを上げていってもらうっていうのは、必要なことやと思う。

−練習で大山に指導

矢野監督 だから悠輔(大山)もしっくりしっくりきている感じじゃないんでね。まあ、そういうところで気づいたところは伝えていくようにしてるし。それがきっかけになってくれたらなと思って伝えているけど、まあ、そんな甘くないんでシーズンの中で調子がいい時や悪い時もあるし、それを短くしていくのはレギュラーというか、必要なことなので。俺ももちろん現役時代はいろいろ打てない苦しみというのは分かっているし、そういうのを自分で気づいて、ああ、こうやっていい感じになったとか、そんなのを伝えているところです。