<ヤクルト11−7広島>◇8日◇神宮

広島松山竜平外野手(35)が8日のヤクルト3回戦(神宮)で負傷交代した。

5回1死三塁で山崎の左翼への打球に目測を誤り、慌ててジャンプ。着地した際に足を痛めたとみられ、直後にベンチに引き揚げた。試合中にアイシング処置を施され、蔦木トレーナーは「下半身のコンディション不良です。明日以降は状態を見て判断します」と話すにとどめた。