門田さんがいたから、ホークスへ行った−。NPBで強打者として活躍したブーマー・ウェルズ氏(68)が25日に取材に応じ、74歳で死去した門田博光さんの死を悼んだ。

ブーマー氏はタイトル争いの好敵手として、そして3年間はチームメートとして門田さんと接してきた。92年のダイエー移籍も「門田さんと一緒にプレーしたかったから」と明かしたスラッガーが、思い出を語った。【国際電話=高野勲】

   ◇   ◇   ◇

米国アトランタ州で余生を過ごすブーマー氏は、門田さんの死去を深く悲しんでいる。「本当に偉大な選手でした。悲しみに包まれています。彼はきっと、ファンに永遠に愛されると思います」と悼んだ。

ブーマー氏は83年に阪急(現オリックス)入り。2メートル、100キロの巨体からかっ飛ばす、規格外の大ホームランが話題となった。わずか170センチの門田さんは、球史に残るこの大男を恐怖のどん底に突き落とした。

ブーマー氏 あんな強い打球を飛ばすバッターは、メジャー時代も含めて初めて見ました。間近で見ると、怖いのなんの。南海(現ソフトバンク)戦で私が一塁を守っていて、彼が走者に出ると「頼むから私に打球を当てないでくれよ。あなたの打席だけ、外野を守ろうかな」なんて冗談も言いましたよ。

来日1年目のこの年、門田さんは40本塁打でキングとなる。負けじとブーマー氏は翌年84年、外国人初の3冠王を獲得。好敵手として、落合博満(ロッテ)らとともにパ・リーグをけん引した。

そして88年オフ。南海はホークスをダイエーに譲渡し、球団は福岡へと移転した。奈良市に住んでいた門田さんは、在阪球団への移籍を希望。兵庫・西宮市を本拠地とし、同じ時期に阪急を買収したオリックスへ移った。球界を代表する大砲2人は、初めて同僚となった。

ブーマー氏 門田さんが来てくれて、本当に喜びましたよ。私が3番、彼が4番に入ることで、勝負を避けられることが減りましたから。実は私は、脚力にも自信があってね。一塁ランナーに出て、門田さんの二塁打でホームインするのが、楽しかったなあ。試合後はいつも、西宮球場のロッカーでビールを手に話し込みましたよ。

ところが、そんな名コンビを悲劇が襲う。89年9月25日のダイエー戦(西宮)で本塁打を放った門田さんと、ブーマー氏がハイタッチ。このとき門田さんが、右肩を脱臼してしまう。

ブーマー氏 あのときは本当に驚きました。いったい何が起きたのか、さっぱり分かりませんでした。こんなことが起こるんだ、と信じられない思いでいました。

この一件が遠因となり、この年オリックスは近鉄に優勝をさらわれた。門田さんは90年オフ、球団に申し出て自由契約に。ダイエーへと移籍し、再びホークスの一員となった。そしてブーマー氏も91年限りでオリックスを去り、ダイエーへ移る。

ブーマー氏 実はまた、門田さんと一緒にやりたかったからですよ。本当に最高のチームメートでした。あれだけの腕っぷしを持っていながら、怒った顔や声を荒らげるところを見たことがありません。私はにぎやかなタイプですから、彼との間柄は「アイス&ファイア」(氷と炎)だと思ってました。亡くなったなんて、今でも信じられません。安らかにお休みください。

◆ブーマー・ウェルズ 1954年4月25日生まれ、米国アラバマ州出身。米球界を経て、83年阪急入団。84年には打率3割5分5厘、37本塁打、130打点で3冠王。本塁打王1度、首位打者2度、打点王4度。日本通算1148試合、1413安打、277本塁打、901打点、打率3割1分7厘。現役時代は200センチ、100キロ。右投げ右打ち。現在は月に何度かアマチュア選手に打撃指導を行うなど、悠々自適の日々を送る。