<巨人4−5阪神>◇9日◇東京ドーム

 阪神は1回2死二塁、ロジャースの中前適時打で先制。3回2死二塁から福留が左翼線に適時二塁打を放ち、リードを広げた。

 阪神先発の青柳は5回2安打無失点で、勝利投手の権利を得て降板。巨人は6回1死一、三塁、阿部の中犠飛で1点を返した。

 阪神は9回に福留の同点適時三塁打とロジャースの決勝犠飛で逆転勝ち。巨人は7回に3得点で逆転したが、逃げ切りに失敗した。

 阪神高橋が5勝目、ドリスは28セーブ目。巨人カミネロは5敗目。