<広島7−4ヤクルト>◇17日◇呉

 ヤクルトは1回、青木の犠飛などで2点を先制。広島は1回、松山の2ランで追いつき、2回に田中の適時打で2点を勝ち越した。

 ヤクルトは4回に山田哲の3号2ランで同点。広島もその裏、田中の適時打で再び勝ち越し、5回と6回にも1点ずつを加えた。

 広島は継投で逃げ切って3連勝とし、リーグ最速で10勝に到達。2番手の薮田が2勝目を挙げた。ヤクルトは2連敗。原が3敗目を喫した。