大リーグ機構と選手会は9日(日本時間10日)、選手の個性に焦点を当てたイベント「プレーヤーズ・ウイークエンド」を8月25〜27日に初めて開催すると発表した。

 選手はニックネーム入りユニホームの着用が認められ、通常とは違う色やデザインのスパイク、バッティンググローブなどを使用することができる。

 日本選手が使用するニックネームは、ヤンキース田中の「MASA」、マーリンズ・イチローの「ICHI」、ドジャース前田の「MAEKEN」など。なお、ヤンキースのユニホームの背中部分に名前が入るのは球団史上初めて。

 他の選手では、ヤ軍チャプマンが「ザ・ミサイル」、ジャッジが「オール・ライズ(全員起立)」、マリナーズのシーガーが「コリーの兄(ドジャースでプレーする弟が有名になったため)」と書かれたユニホームを使用する。韓国出身のカージナルス呉昇桓(元阪神)は、ハングルで名前が書かれたものを着用する。

 以下は日本選手とその他選手の一部。

▽日本選手

 ヤンキース田中「MASA」

 マーリンズ・イチロー「ICHI」、田沢「TAZ」

 ドジャース・ダルビッシュ「YU−SAN」、前田「MAEKEN」

 ブルージェイズ青木「NORI」

 カブス上原「KOJI」

 マリナーズ岩隈「KUMA」

▽その他選手

 タイガース・カブレラ「MIGGY」

 ナショナルズ・ハーパー「BIG KID」、シャーザー「BLUE EYE」

 アストロズ・アルテューベ「TUVE」

 エンゼルス・プホルス「THE MACHINE」

 マリナーズ・ヘルナンデス「KING FELIX」

 ジャイアンツ・サンドバル「PANDA」