<高校野球宮城大会:仙台高専2−1涌谷>◇16日◇2回戦◇仙台市民

 東北初の本格的な女性監督、涌谷の阿部奈央監督(25)があと1歩及ばず、初戦敗退した。

 初めて公式戦の采配を振った春の東部地区予選2試合とも敗れ、念願の初勝利は夏も届かなかった。それでもエース左腕佐々木亮祐(3年)が力投するなど、善戦した。「いい試合ができてよかった。勝つつもりでやっていたけど、100%以上の力を1人1人が出せた」と、選手をねぎらった。

 1点を追う7回に、先頭の6番清水大輝内野手(3年)が右前打で出塁すると7、8番の連続犠打で、清水を暴投などで点が取れる三塁に進めた。9番菊地蓮外野手(3年)は四球で出塁して一、三塁。ここで阿部監督は「両方3年生。走れる2人だったので」と、重盗のサインを出した。菊地が二塁タッチアウトとなったが、春を終えて学んだ小技と機動力を駆使して同点を狙った。

 今年4月に前監督が異動して、涌谷の部長から監督に肩書が変わった。阿部監督のように女性監督が公式戦で采配を振るのは、東北各県の高野連関係者も記憶にないといい、東北初とされる。全国的にも珍しい。

 野球部員だけでなく、校内の生徒からも「奈央先生」と呼ばれて慕われる。主将の大森優輝外野手(3年)は「奈央先生に勝利を届けたかった」と、目を真っ赤にした。

 選手11人で3年生6人が抜けると、1、2年生5人だけになる。今秋は連合チームを組む可能性が高いが、指揮を執ることに阿部監督は「秋以降は未定ですね」と話した。それでも「ずっと高校野球に携わっていきたい。監督でなくても」。最後まで涙は見せなかった。