<高校野球大阪大会:履正社8−0守口東>◇14日◇2回戦◇花園中央公園野球場

 履正社が2戦連続の7回コールドで、守口東に勝利し、2回戦を突破した。

 先発は今夏初登板の位田遼介投手(2年)。4回まで1人の打者も許さず、6回で降板するまでに9三振を奪った。位田は「三振は狙わず、ストライク先行で行きました」と振り返った。岡田龍生監督(56)も「思いのほか良かったですね」と好投をたたえた。長い夏を戦い抜く上で、エース竹田祐投手(3年)に加えて、頼もしい投手が出てきた。

 今秋ドラフト候補の安田尚憲内野手(3年)は、3打数3安打1四球2打点と全打席で出塁し、勝利に貢献した。