<高校野球西東京大会:早実14−0芦花>◇17日◇4回戦◇ダイワハウススタジアム八王子

 早実・野村大樹捕手(2年)が特製のフェースガードで試合に出場し、3安打3打点と活躍した。

 15日の南平戦で、南平の選手が素振りしたバットが鼻付近に直撃。治療後に1度はグラウンドに戻ったが、脳振とうのような症状を訴え、7回表の守備から交代した。病院で検査を受け、骨折が判明。プレーに支障はないと判断され、フェースガードで患部を守って、攻守で勝利に貢献した。

 「全然、大丈夫です。(鼻の骨折は)数ミリのズレですし、それくらいなら、僕は気にする方じゃないので。(腫れて)ちょっと見づらかったですけど、そんな中で打てて良かったです」と話した。