<高校野球南北海道大会:東海大札幌7−0小樽潮陵>◇17日◇1回戦◇札幌円山球場

 7年連続34度目出場の東海大札幌が着実に加点し、7回コールド勝ちで初戦を突破した。

 初回、先頭の浦田純平(3年)が右前打で出塁し1死三塁から、中犠飛で先制の生還。浦田は3回にも先頭で左越え三塁打を放つなど、3安打1打点の活躍で勝利に貢献した。

 「1番の自分が出塁して、2番の佐藤颯が続くのが僕らの攻撃。良い流れで点につなげられた」と振り返った。