<高校野球千葉大会:四街道5ー4市川東>◇17日◇3回戦◇千葉県総合SC野球場

 四街道は、1点ビハインドで迎えた8回裏、1死から古滝和哉内野手(3年)が二塁打で出塁すると、続く柿原安武外野手(2年)が1点適時三塁打で同点に。山本永吉内野手(3年)の打席で相手投手の暴投により逆転に成功。5−4で接戦を制した。

 柴田仁史監督(52)は、「このチームは劣勢になると守りに入ってしまうところがある。どこのチームにも負けないだけの練習はやってきた。だから、開き直っていけ、と声をかけました。8回はよく打ってくれました」と、最後まで元気よく粘り強さを発揮した選手たちの成長に、目を細めた。