<高校野球大阪大会:渋谷7−0関西大倉>◇17日◇2回戦◇万博記念公園野球場

 渋谷(大阪)が関西大倉を8回コールドで下し、初戦を突破した。

 打線は初回、先頭打者の深沢朝斗外野手(3年)が右前打で出塁。3番押川孔汰内野手(3年)の右越え適時二塁打などで2点を先制した。3回には6番大屋友勅(とものり)捕手(2年)の左越え2点本塁打などで3点を追加。9回にも2点を追加し、相手を突き放した。

 「全員野球」で戦った。試合前日、押川の発案で1年生から3年生までの全部員でノックを受けた。この日もスタンド、ベンチ両方から声を出し、気持ちを1つにして勝利をつかんだ。

 次戦の相手は大阪桐蔭。この日、2安打完封したエース豊島大輝投手(3年)は「制球を意識して投げたい。山田選手、藤原選手を抑えたい」と「ミレニアム世代」との対戦を熱望した。