<リトルシニア:リポビタンカップ第45回日本リトルシニア日本選手権:佐倉10−2神戸中央>◇7日◇準決勝◇東京・神宮球場

 佐倉が主将の西川僚祐(3年)の満塁本塁打を含む5打点の活躍で、神戸中央(関西)に快勝した。西川は初回、2死一、二塁で右翼越えの適時二塁打で先制点をたたき出す。2−2で追いつかれた3回には左翼フェンス直撃の二塁打で2点を勝ち越すチャンスメーク。そして4回、1死満塁の場面で登場し「みんながつないでくれたので絶対打とうと思った。アウトコースが多かったので右を狙ったけど、飛びました。今日が一番タイミングは合っていた」と、右翼席中段へ豪快なグランドスラムを放り込んだ。

 186センチ、92キロの恵まれた体格を見込まれて「体は大きいし、だれも文句言わないだろうと思って主将にした。最近は同級生にちゃんとものを言えるようになってきた。全然打てなくてはっぱをかけられていたけど今日は打ったなあ」と松井進監督も成長を認める。決勝は関東連盟夏季大会決勝で敗れた世田谷西との「再戦」。西川は「厳しい試合になると思いますが、全員で心を1つにして戦う。同じ相手に2回は負けられません」と、リベンジを誓った。