<リトルシニア:リポビタンカップ第45回日本リトルシニア日本選手権:世田谷西12−1江戸川中央>◇7日◇準決勝◇東京・神宮球場

 関東連盟夏季大会優勝の世田谷西が快勝した。1回に木下幹也(3年)の適時打などで2点を先制し、2回には6安打と相手守備のミスなどもあって6得点。3回に1番重政拓夢(3年)、5回に2番梅村大和主将(3年)のソロ本塁打などで圧倒した。

 重政は今大会絶好調でこれまで12打数6安打の打率5割。「先頭打者としてチームにいいムードをつくれるように塁に出ることを第一に考えています」という。左翼席に入った本塁打は「球種を絞って1球で仕留めたかった。高めのスライダー。手ごたえはありました」と笑顔を見せた。2番梅村は「打ったのはストレート。重政君が打ったのでちょっと悔しくて狙いました」と笑う。不調だった3回戦後、チームの蓬莱昭彦総監督に「フルスイングで引っ張れ。流しちゃだめだ」とアドバイスされ、その通りに思い切って引っ張って右翼席に放り込んだ。決勝進出に「きょうと同じく気持ちの勝負。2位は頭にありません」と、意気込みを見せていた。