<全国高校野球選手権:盛岡大付4−1作新学院>◇9日◇1回戦

 史上7校目の夏連覇を狙った作新学院が初戦で破れた。今春の選抜大会8強の盛岡大付と強力打線の前に散った。

 試合は、作新学院が思わぬ形で先制した。1回表、2四死球などで1死満塁。5番七井の打席で盛岡大付のエース平松が暴投。1点が入った。

 岩手県大会で全6試合2桁安打をマークした盛岡大付。2回裏に反撃する。内野安打で出塁の小林の2盗塁などで2死一、三塁とし、9番臼井が三遊間を破る。機動力も織り交ぜ、1−1と振り出しに戻した。

 盛岡大付は5回1死一、三塁の好機を作ると、作新学院の左腕大関の暴投で勝ち越し。2死後、一、二塁で4番比嘉が中越えの2点二塁打。この回4安打を集中させ、3点を奪った。

 今春選抜2回戦敗退で打線強化を掲げた作新学院。県大会では1試合平均9得点を挙げてきたが、盛岡大付・平松を攻めきれない。3点を追う作新は9回2死満塁と攻めたが、あと1本が出なかった。わずか2安打で、夏甲子園6連勝はならなかった。