<全国高校野球選手権:聖光学院6−0おかやま山陽>◇10日◇1回戦

 初出場のおかやま山陽は、聖光学院(福島)に完封負けし、1回戦で姿を消した。

 初回、1番川田友内野手(3年)が二塁打で出塁。犠打で1死三塁としたが、3番森下浩弥外野手(2年)4番井元将也(しょうや)外野手(2年)が2者連続空振り三振。堤尚彦監督(46)は「先制パンチしたかった。でも、3番4番が軽くひねられてしまった」とがっくり。

 6回1死一、三塁の好機も2者連続空振り三振で、最後まで1点が遠かった。

 昨秋の県大会は1回戦で敗退、今春の県大会も2回戦敗退。今夏はノーシードから甲子園初出場をつかんだ。堤監督は「ここ(甲子園)まで連れて来てもらってうれしい。あまり褒めずにやってきたけど、選手にはありがとうと言いたい」と声を震わせて感謝した。「試合前はワクワクしていて『勝っても負けても』と思っていたけど、やっぱり負けたら悔しい。もういっぺん戻って来たい」。悔しさを忘れず、聖地での白星を取りに戻ることを誓った。