<全国高校野球選手権:聖心ウルスラ5−2早稲田佐賀>◇10日◇1回戦

 早稲田佐賀は5点を追う7回に2点を返した。

 無死一、二塁から左前に適時打を放った鈴木隆太内野手(3年)は「4回の守備で併殺が取れなかった。それをきっかけに一気に点を取られた。取り返したいと思った。応援歌が聞けて良かった」と振り返った。

 なお無死二、三塁、代打で出場した春日井勇内野手(3年)は一塁への内野適時打で2点目。「それまでチャンスがなかったので聞けなかったチャンステーマを聞くことができて感動した」と話していた。