<全国高校野球選手権:大阪桐蔭8−1米子松陰>◇11日◇1回戦

 史上初となる2度目の春夏連覇を狙う、センバツ王者の大阪桐蔭が、米子松陰から12安打8得点を奪って快勝、2回戦に進出した。

 大阪桐蔭は1回、大阪大会チームNO・1打率6割を誇る福井が右翼ポール際にソロ本塁打を放ち先制。2回には無死一塁から根尾が左中間を深々と破る適時二塁打を放ち2点目。4回にはエース徳山の左前適時打で3点目を奪った。5回には山本ダンテ武蔵の左前適時打と捕逸で2点を加点した。6回1死三塁から藤原の三塁ゴロの間に1点を追加し中盤までに6点をリードした。。

 米子松陰は7回に反撃。津島の右前への三塁打と悪送球もあり、津島が一気に本塁に生還し1点をかえした。

 大阪桐蔭は7回2死二塁から根尾が左翼手頭上を越える適時二塁打、坂之下が中前適時打を放ちこの回2点を追加し、だめ押しした。

 大阪桐蔭のエース徳山は4回まで無安打投球を見せるなど7回2安打1失点(自責0)の好投で勝利に貢献した。

 大阪桐蔭は2回戦で智弁和歌山と対戦する。