<高校野球栃木大会:佐野日大9−5矢板中央>◇2日◇3回戦◇宇都宮清原球場

佐野日大が9−5で矢板中央を下し、8強までの今大会で有終の美を飾った。望月孔棋投手(3年)は攻守に渡って活躍した。

初回、救援でマウンドに上がった。無死一、二塁で甘く入った外の球を中堅に運ばれ2点を失ったが、その後3者凡退続けて、4回を投げ1安打。6つの三振を奪い、自責点0で抑えた。打撃では4回1死満塁で逆転の中前2点適時打。「今日の試合や大会通しての経験を今後に生かしていきたい」と未来を見据えた。