ボクシングのロンドン五輪金メダリストでWBAミドル級1位村田諒太(31=帝拳)が2度目の世界戦で、不可解判定の雪辱を期すことになった。

 3日、都内のホテルで会見が開かれ、10月22日に両国国技館で同級王者アッサン・エンダム(33=フランス)とタイトルマッチ12回戦を行うことが発表された。5月20日の王座決定戦(有明コロシアム)で1−2の判定で敗れた相手との半年ぶりの直接再戦。第1戦では4回にダウンを奪い優勢に試合を進めたかに見えたが、多くの疑問、批判を集めた判定でプロ初黒星を喫し、世界王座を逃していた。

 前回の試合直後にはWBAのメンドサ会長が判定の誤りを認める異例の声明を出し、エンダム勝利の採点を下したジャッジ2人を6カ月の資格停止とする前例のない事態となっていた。即座に再戦指令も出され、先月から両陣営が交渉に入っていた。

 村田が勝利を収めれば、五輪のミドル級金メダリストとして初のプロでの同級王者となり、1904年セントルイス五輪で競技が採用されてから25人の金メダリストで初の快挙となる。またプロ14戦目での世界王者戴冠となれば、主要4団体で暫定王者をのぞいて最速となる。