<新日本:G1クライマックス27両国大会>◇13日◇両国国技館

 Aブロック1位の内藤哲也(35)が、Bブロック1位のケニー・オメガ(33=カナダ)を破って、13年以来4年ぶり2度目のG1クライマックス制覇を果たした。

 メインの優勝決定戦は、両者譲らぬ大熱戦。ペースの握り合いから、内藤がエプロン、場外とネックブリーカーを連発。さらに、場外の中継席のデスクにパイルドライバーを放つなど、危険なワザでオメガを追い詰める。しかし、オメガも場外へのダイビングやミサイルキック、ジャーマン、青の衝動などで猛反撃。24分には、オメガのパワーボムを内藤がフランケンシュタイナーで返す大技を披露するなど、G1史上に残る名勝負を展開した。最後は、内藤が浴びせ蹴りからドラゴンスープレックス、さらにスイング式デスティーノ、正調デスティーノと流れるように技を繰り出し、オメガを仕留めた。34分35秒はG1史上最長だった。

 試合後内藤はマイクを握り、満員の大観衆と「デ・ハポン」の大合唱。そして「新日本の主役はオレだ!」と言い放った。優勝者インタビューでは「ロスインゴベルナブレスに出会ってから2年。あの出会いがオレの全てだった。まさにデスティーノ。思っていることは言わない誰にも伝わらない。まずは自分自身が楽しむこと。メキシコでロスインゴの仲間たちに教えてもらった」と話した。優勝で、来年1月4日、東京ドーム大会のメイン出場権利証を獲得。4年前にはかなわなかった最大の夢を、今度は実力でつかみ取る。