プロボクシング元世界5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(45=米国)が、やりたい放題の公開練習を敢行した。総合格闘家の朝倉未来(30)とパンチのみのエキシビションマッチで対戦する格闘技イベント「超(スーパー)RIZIN」(25日、さいたまスーパーアリーナ)を控えた22日、都内のジムで練習を公開。寝坊で1時間超の大遅刻も、衰え知らずのパンチを連発した。ファンを楽しませることを目標に掲げ、「3ラウンドまで引っ張る」と余裕をみせた。

    ◇    ◇    ◇

メイウェザーがリングに上がると、場の空気が一変した。その一挙一動に、詰めかけた報道陣からため息が漏れた。リングではミット打ち、リング外ではサンドバッグ打ちとミット打ちを交互に実施。小気味よい華麗な動きと、迫力のあるパンチを打ち込んだ。約20分間、ほぼ休みなし。それを、息一つ荒らげずにやってのけた。

午後2時から開始予定も、国際ボクシング殿堂入りの名王者が姿を現したのは1時間6分後。理由は寝坊だった。それでも悪びれる様子はなし。仲間と談笑し、口笛を吹きながらのんびりと準備を始めた。18日の来日後は、六本木でのパーティー開催や銀座での買い物など、豪遊ざんまい。憎たらしいぐらいの余裕っぷりを見せていた。

だが、この日の公開練習では、奔放な言動とは対照的に競技に真摯(しんし)に取り組む姿勢が浮き彫りとなった。元WBA世界スーパーフェザー級スーパー王者内山高志氏は、自身のボクシング・フィットネスジムを練習公開で提供。練習を見守り「ブレが全くない。普段はもっとトレーニングしていると思う。年齢を感じさせない」とうなった。RIZIN榊原CEOも「日本に来てからも夜中1時くらいから練習を続けている」と証言した。

メイウェザーは練習後、予定になかった取材にも対応し、持ち前のサービス精神で盛り上げた。朝倉とはパンチのみのスタンディングバウト3分3回(体重無制限)で対戦するが、グローブのサイズなど詳細なルールは未定。それでも「全ての次元が違うことは分かってもらえたのでは」「前回(那須川戦)は早く終わらせすぎた。気分次第で3回まで引っ張ろうと思うが、みんなが希望するなら早く終わらせる」と言いたい放題だった。25日、何から何までかっさらうつもりだ。【勝部晃多】