<大相撲名古屋場所>◇9日目◇17日◇愛知県体育館

 39度目の優勝を狙う横綱白鵬(32=宮城野)は、初顔合わせとなった前頭4枚目輝(23=高田川)をはたき込んで、無傷の9連勝と星を伸ばした。

 白鵬は通算勝利数を1045勝とし、千代の富士と並び歴代2位タイ、同1位の魁皇(1047勝)まであと2勝と迫った。

 通算9度目の優勝を目指す横綱日馬富士(33=伊勢ケ浜)は、前頭4枚目宇良(25=木瀬)のとったりを食らって6勝3敗。宇良は初金星を挙げ6勝3敗とした。

 新大関高安(27=田子ノ浦)は、小結嘉風(35=尾車)に寄り切られ、7勝2敗となった。嘉風は5勝4敗と白星を先行させた。

 大関豪栄道(31=境川)は、土俵際で前頭4枚目千代翔馬(25=九重)の首投げを食らって4敗目を喫した。千代翔馬は大関戦初勝利で4勝5敗とした。

 1敗の前頭8枚目碧山(31=春日野)は、千代の国(27=九重)を寄り切って8勝目、勝ち越しを決めた。

 関脇御嶽海(24=出羽海)は小結琴奨菊(33=佐渡ケ嶽)をはたき込んで6勝3敗。琴奨菊は3勝6敗。

 勝ちっ放しは白鵬ただ1人、1敗で碧山が追う展開となった。