サッカー天皇杯の4回戦組み合わせ抽選会が7日、都内で行われた。

 日本サッカー協会の田嶋幸三会長、元日本代表の三浦淳宏氏、Jリーグ女子マネジャーを務めるタレント佐藤美希がドロワーとして登壇した。

 アマチュアで唯一、16強に入った筑波大は大宮アルディージャと、前回優勝の鹿島アントラーズは浦和レッズとの対戦が決まった。アジア・チャンピオンズリーグで勝ち上がっている浦和レッズと川崎フロンターレは、日程を鑑み、4回戦はホーム開催になる配慮がなされた。

 組み合わせは以下の通り(上がホーム)。

 松本山雅−ヴィッセル神戸、浦和レッズ−鹿島アントラーズ、セレッソ大阪−名古屋グランパス、筑波大−大宮アルディージャ、横浜マリノス−サンフレッチェ広島、長野パルセイロ−ジュビロ磐田、川崎フロンターレ−清水エスパルス、ガンバ大阪−柏レイソル。