日本サッカー協会は14日、キリンチャレンジ杯(3月22日・コロンビア戦、26日ボリビア戦)に臨む日本代表メンバー23人を発表し、MF香川真司、DF昌子源らが昨年のW杯ロシア大会以来の代表復帰を果たした。このほかベルギー・シントトロイデンで好調のFW鎌田大地、国内リーグで好調の札幌FW鈴木武蔵、守備陣では鹿島のDF安西幸輝、横浜の畠中槙之輔の4人が初選出された。

1月のアジア杯に出場しMF南野拓実、堂安律らも順当に選出され、同杯を負傷欠場していたMF中島翔哉も代表復帰した。

森保一監督の冒頭あいさつと、主な一問一答は以下の通り。

森保監督 アジア杯で準優勝に終わったこと、もう結果は取り戻せませんので、UAEで味わった悔しさをこれからの活動の糧にしていき、代表をより強く、発展させていくことを目標に頑張りたいと思います。A代表はアジア杯からはメンバーを13人入れ替えて臨むことになりますが、アジア杯で我々が経験したこと、培ってきたチーム力をさらに発展させられるように、チームとして強くしていけるように、また新たな力を加えてベースアップを図っていくということ。また、結果を出せるメンバー編成を最終的にできるようにやっていきたいと思います。

−アジア杯からメンバー13人を入れ替えた理由

森保監督 まずはコロンビア、ボリビアという南米で力のあるチームと試合ができるということ、今の我々にとって、彼らと対戦することで自分たちの立ち位置、我々ができること、足りないことをこの2試合で感じることができると思っています。試合は勝つために勝利を目指して戦いたいと思っていますし、アジア杯から選手を入れ替えて、3月のキリン杯に臨むということで、日本代表としてのベースをさらに広く強固にしていけるように。これから我々が臨む中で、少しのメンバーだけでなく、より多くの選手に厳しい戦いを経験していただいて、チームとしてのコンセプトを理解してもらって将来の戦いに生かしていけたらと思います。南米のチームは非常に技術が高く、また個人での駆け引きはより身につけていかないといけないところがあると思うので、我々スタッフも感じて代表にフィードバックできればと思っています。

−香川と昌子について

森保監督 基本的にはロシアのW杯に参加していた選手たちはみんな力があると思っていますし、私が監督になってから、基本的には全員招集したいと思っていました。これまで彼らを招集できていなかったのは、いろんなタイミングがあったりとか、けががあったりとか、そして日本代表を強化していく過程において、タイミングが合わなかったというのもあります。彼らが力を持っているのはW杯に私もスタッフとして帯同させてもらってわかっているところなので、またともに仕事することができてうれしく思いますし、彼らも代表の一員として考えてもらえるように活動ができればと思います。2人だけではなくて、これまで招集できなかった選手の中でもまだまだ力を持っている選手がいますし、呼べていないとしても日本代表候補としてテーブルに挙がっている選手はまだまだいます。

−初選出のFW鎌田、鈴木について

森保監督 大迫頼みの攻撃の戦術的なところは私も質問を受けたりとか、いろんなところで見聞きしていますけど、彼(大迫)が日本代表で重要な選手であることは、彼がプレーで示している。大迫だけでなく、誰が抜けてもその時のメンバー、出ている選手でベストな戦いをすることを考えています。彼がけがでプレーできない、大迫の状態はもちろん見ていますが、私も監督として、チームとして、その時のメンバーと、出場しているメンバーの中で、最善の戦いと日本としてベストな戦いができるように、監督としてもトライしていきたいと思っています。

−6月にはコパアメリカもある。そこにむけての狙いは

森保監督 今回のキリン杯が何%の割合でコパアメリカへの準備につながっていくかわかりませんが、全ての活動は次の活動につながっていると思いますし、今回の活動を踏まえた上で、次の活動によりいい形でつないでいけるようにしていきたい。

−初選出の4人に期待すること

森保監督 (FWの2人は)まずは得点をとってもらいたいと思っていますし、得点に絡む局面に絡んでほしいなと思います。それぞれいいところがあると思いますし、鎌田はベルギーではレギュラーシーズンの終盤ということで、得点を残している選手だと思いますし、去年視察した際にも鎌田が攻撃の核としてチームで機能しているのを見てきました。それを今回も生かしてもらえたらなと思います。鈴木に関しては、まだリーグ戦が始まったばかりですが、結果を出している。わかりやすいと思いますし、札幌の中で彼は非常に攻撃の部分で裏に抜け出すスピード、前線で起点になること、良さをいかしてプレーできていると思いますし、チームのコンセプトの中で自分の良さを最大限発揮してくれればなと思いっています。(スタッフにDF安西、畠中について説明がないことを指摘され)すみません、完全に飛んでいました。攻撃でも守備においても言うこと変わらないと思います。チームの中で存在感を発揮して、代表のスカウティングの中で名前が挙がってきて選出されたということ。そこは攻撃でも守備でも関係ないと思いますし、彼らの良さをいかしてもらいたいと思います。

−チームとしてこれから上積みしたいことは

森保監督 また新しいメンバーが加わってくるので、基本的なベースの部分をもう1度押さえないといけない。レベルアップしていかないといけない部分では、アジア杯で出た成果と課題の部分で、またチームのレベルアップにつなげていきたい。まずは個の部分で局面を突破するということ、連係の部分でも全てを上げていかないといけないと思います。ボールを保持して攻撃をやっていかなければならないというのはこれからさらに上げていかないといけないところ。得点を決める部分では、まだまだクオリティーを上げていかないといけないと思っていますので、そういう風に伝えていけたらなと思っていますし、個の部分で局面を上げていかなければいけないと思います。チームとしてボールを失った瞬間、相手にボールを保持された時にどうするかの基本的な考えと、押し込まれた局面の中でどうすればということをさらに上げていければと思います。

W杯ロシア大会1次リーグ第1戦以来の対戦となるコロンビア戦は22日に神奈川・日産スタジアム、26日のボリビア戦はノエビアスタジアム神戸で行われる。