来年の東京オリンピック(五輪)の新ユニホームは“日本晴れ”!! 用具などを提供する公式サプライヤーのアディダス社が6日、都内で会見し、男女の日本代表が11月から使用する新ユニホームを発表した。コンセプトは“日本晴れ(ニッポンバレ)”。浮世絵から着想を得たという5色の青を使った「スカイコラージュ」で、さまざまな空模様がひとつにつながっていく様子を表現したという。

背面は無地の水色。雲ひとつない青空をイメージした。選手着用モデルの首もと内側などに、アンビグラム作家の野村一晟氏とコラボレーションした、角度によって読める文字が変わって見えるアンビグラムアートを使ったサインオフロゴを配置。「日本晴れ」が男子は「侍魂」、女子は「撫子魂」と読める。

会見にはモデルとしてU−22日本代表のMF遠藤渓太(横浜)が出席。真新しいユニホーム姿で登壇し「希望に満ちあふれた、いいデザインだと思う。プロになってからは緊張もある中で空を見上げて『自分はできる』と思ったりもした」と話した。公式戦のお披露目は、11月10日に行われるなでしこジャパンの南アフリカ戦となる。なお、セカンドユニホームなどは未定。