ACミランは3日に行われた欧州リーグ予選3回戦第2戦でクラヨーバ(ルーマニア)を2−0で下し、2戦合計3−0で最終予選に進んだ。

 4日の伊紙ガゼッタ・デロ・スポルトは以下のように伝えている。 

 前半9分にボナベントゥーラが先制し、後半7分に19歳のクトゥローネがサンシーロでの初先発で初の欧州リーグゴールを決めた。クトゥローネは最高評価点7となった。

 今季初の公式戦となるこの試合の観客動員数は6万5763人。気温35度、体感温度40度という猛暑の中、ミランサポーターたちはこの新しいチームに魅了され、最終予選進出を決めたことで狂喜していた。また試合前に、この夏ミランに残ることを決めたGKドンナルンマに温かい拍手と声援が送られた。

 モンテッラ監督は「今日のサポーターは我々に対する深い愛情を表現してくれた。まさに感動的な夜だった。このような素晴らしい夜が繰り返されることを望む。すべては私たち次第だ」と話した。クトゥローネについては「このチームでやっていけることを示している。これからもチームで成長していけるだろう」と評価した。