トルコ1部ガラタサライを退団したオランダ代表MFウェズリー・スナイダー(33)が7日、フランス1部ニースと契約した。同クラブが公式フェイスブックで発表した。背番号は10。

 スナイダーは公式フェイスブックの動画で「ボンジュール、ニース」とあいさつし、左目でウインクして喜びを表した。ガラタサライとの契約を解除し、前日6日にニース入りして条件面では合意していたが、一夜明けた7日にメディカルチェックにパスして、契約書にサインした。

 その後、初練習に参加したが、練習場周辺はサポーターが集まり、立すいの余地もない状況。6日の開幕戦でサンテティエンヌに0−1で敗れたばかりで、ファンの期待も最高潮のようで、発炎筒までたかれるフィーバーぶりに、スナイダーも思わず苦笑いした。

 スナイダーは、日本代表DF長友佑都とセリエAのインテル・ミラノでプレーしていたが、13年1月にガラタサライに移籍。契約は18年6月末まで残っていたが昨季で退団し、7月15日には自身の公式フェイスブックで「イスタンブールでは、すばらしい年月を過ごした。クラブと街、ファンを本当に愛している。みんな、本当にありがとう」と退団のメッセージを発表していた。

 一部でセリエA復帰を希望しているとも報じられていたが、インテル時代の09−10年にセリエA、イタリア杯、欧州チャンピオンズリーグの3冠を、イタリアサッカー史上初めて獲得した際、同僚だったFWバロテリもいるニースを新天地に選んだ。

 フランスリーグでは、バルセロナを退団したブラジル代表FWネイマール(25)が3日にパリ・サンジェルマンに移籍したばかり。ネイマールに続く大物の入団に、フランスリーグへの注目は高まりそうだ。