<パラ陸上:世界選手権>◇第3日◇16日◇ロンドン

 男子100メートル(切断などT44)予選2組の佐藤圭太(26=トヨタ自動車)は12秒17で4位に終わり、決勝進出も逃した。

 11秒77のアジア記録保持者の第一声は「全然ダメでした」だった。6月中旬の代表合宿中に左ハムストリングス(太もも裏)に痛みが出た。筋肉系の故障は初めてで、調整も大幅に狂った。スパイクを履いた練習はロンドン入りしてから。「レース中にも筋肉が固まる感じがあって、怖さもあった」という。

 200メートル、400メートルリレーにも出場予定だが、「コーチと相談して優先順位を決めたい」。200メートルの棄権も想定している。