2017世界パラ・パワーリフティング選手権(9月30日〜10月6日、メキシコシティー)の日本代表選手が、10日までに日本パラ・パワーリフティング連盟から発表された。

 昨年のリオデジャネイロ・パラリンピックに出場した男子49キロ級・三浦浩(53=東京ビッグサイト)、54キロ級・西崎哲男(40=乃村工芸社)、88キロ級・大堂秀樹(43)を含む男女19選手。

 20年東京パラリンピックの出場資格は、国際大会の実績から算出されるポイントランキングで決まるが、今回の世界選手権がその最初の大会になる。

 代表選手は以下の通り

 〈男子〉▽49キロ級 三浦浩(53=東京ビッグサイト)松本崇(48=特別養護老人ホームかないばら苑)

 ▽54キロ級 西崎哲男(40=乃村工芸社)加藤尊士(29)

 ▽59キロ級 戸田雄也(35)村井都稚夫(56)

 ▽65キロ級 城隆志(57=オムロン太陽)田中翔悟(32=三菱日立パワーシステムズ)

 ▽72キロ級 佐野義貴(49=アクテリオンファーマシューティカルズジャパン)斉藤伸弘(50=ワトム)

 ▽80キロ級 宇城元(44=順天堂大)

 ▽88キロ級 大堂秀樹(43)

 ▽97キロ級 馬島誠(46)

 ▽107キロ級 中辻克仁(48)

 〈女子〉▽45キロ級 小林浩美(48)中嶋明子(42)

 ▽50キロ級 山本恵理(34=日本財団パラリンピックサポートセンター)

 〈ジュニア〉▽59キロ級 奥山一輝(20=順天堂大)

 ▽107キロ超級 松崎泰治(18)