<卓球:W杯団体戦>◇9日◇東京体育館◇女子準決勝

日本女子は韓国に勝利し、銀メダル以上を確定させた。石川佳純、平野美宇が1番手のダブルスで敗れ、今大会初めて1試合を落とす。

しかし、エース伊藤美誠が2、4番手のシングルスで確実に2勝を挙げて、女王中国への挑戦権を得た。伊藤は決勝に向け「中国は特別な存在ではなくなった。もっと勝っていかないといけない存在」と力強く言った。