<米男子ゴルフ:ジェネシス招待>◇第2日◇14日(日本時間15日)◇米カリフォルニア州パシフィックパリセーズ・リビエラCC(7322ヤード、パー71)◇賞金総額930万ドル=約10億2300万円(優勝賞金167万4000ドル=約1億8400万円)

イーブンパーでスタートした松山英樹(27=LEXUS)は、1イーグル、2バーディー、5ボギーの72とスコアを落とし、通算1オーバー、143の57位で辛くも予選を通過した。

1番パー5でイーグルと絶好のスタート。3番パー4でもバーディーを奪ったが、4、6、9番でボギーをたたき、前半で貯金を使い果たした。後半は14、17番でボギーをたたいたが、最終18番でバーディーを奪い、最後に予選通過ライン上に浮上した。

大会ホストでツアー史上最多83勝目を目指すタイガー・ウッズ(米国)は、73とスコアを2つ落とし、通算イーブンパー、142で45位。松山と同組で回ったマット・クーチャー(米国)が、通算9アンダーとスコアを伸ばし、2位と2打差で首位を守った。