イタリア・セリエAのインテル・ミラノは22日、元監督のジジ・シモーニ氏が死去したと発表した。81歳だった。

同日のロイター通信によると、昨年6月から脳卒中で闘病生活を続けていたという。97−98年シーズンにインテル監督に就任し、スペイン1部バルセロナから当時のブラジル代表エースのFWロナウドを獲得。ロナウドの得点力を最大限に生かした戦術で、同シーズンはユベントスと最後までリーグ優勝を争って2位、UEFA杯を制覇した。

イタリアでは計12クラブを指導し、ブルガリアのCSKAソフィア監督などを含め、30年以上にわたる監督キャリアがあった。インテルは「彼のライフスタイルは、人生においてもサッカーにおいても決してトップを超えることはありませんでした。彼のフットボールは、謙虚で機能的であり、彼が提供していたものを最大限に活用できることを反映しています。彼の白い髪と私たちのダッグアウトで、彼はファンの愛情に包まれた彼の顔に笑顔でロナウドの魔法を楽しんでいました」との声明を出した。