<ヤクルト3−1広島>◇21日◇神宮

 広島先発のドラフト1位加藤拓也投手(22=慶大)は6回5安打3失点、5四球で降板し2敗目を喫した。

 2回にヤクルト西田に中前適時打を浴びて先制を許すと、4回は2死からの連続四球でピンチを背負って大引に中前適時打を浴びた。鈴木が1発を放って1点差に迫った直後の5回にも荒木にソロを浴び、113球で降板となった。「詰めの甘さというか、そういうのが多い。不用意に点をとられてしまった。点をとってもらった後もそうです」と反省しきりだった。